« February 2008 | Main

March 09, 2009

サムライ・ジャパン

行ってきました、WBC。
東京ラウンドの決勝戦。アジア予選の1位を決める試合。
2日前に、14-2でコールド勝ちをしたライバル韓国を迎えての試合。2階席ではあるものの、ネット裏の高ポジションの席で、生ビール片手に観戦。さすがに、前回のように簡単にはいかないだろうという前評判どおり、手に汗を握る投手戦が続く。テレビで見る日本を代表するスター選手たちの競演。それでも、思うようにヒットが出ない。しかし、全体的に日本の方がピンチを多く背負っていた気がする。それでも、ピンチを抜けるたびに割れんばかりの拍手と歓声。会場が一体となって日本を応援している(もちろん韓国の応援も少しいるが)。固唾を飲みながら観衆が見守る中、韓国の先取点。それでも、まだ時間はある。そう思いながら、豪華な投手リレーを楽しむ。先発岩隈、リリーフにダルビッシュ、藤川・・・豪華すぎて面白い。
 そして、1-0で負けているまま、5回、6回・・・いよいよ9回へ。まだ大丈夫、と余裕を持っていた会場も、だんだん重い雰囲気へ。そして、試合終了。ついに1得点もあげることなく、完封負け。予想だにしなかった展開に、会場も僕も、やや呆然。それだけ、最後の最後まで力の抜きどころのない、いい試合でした。結果がついてくれば完璧だったのに・・・。
 しっかし、イチローが打席に立って、あのバットを投手の方向に向けた独特の構えに入る瞬間のすごいフラッシュの数にはびっくり。改めて、国民的ヒーローのすごさを感じました。それでも、そのプレッシャーの中で必死に試合に集中し勝利を追い求める姿は、やっぱりかっこいいですね。試合終了後、その足で空港に向かい、米国へと向かったサムライ・ジャパン。2連覇に向かって頑張ってほしいですね。(4年前、渋谷のスポーツバーで、最終戦を観戦したのが、とっても懐かしいっす)
 以上、約1年ぶりの投稿でした。

090309ichiro


| | Comments (102) | TrackBack (1)

« February 2008 | Main