« December 2005 | Main | February 2006 »

January 09, 2006

大雪!

 歴史的な大雪に見舞われている今冬の日本列島ですが、やっぱりスノボシーズンなので、ゲレンデを無視するわけにはいきません。ましてや、大雪というのは、ゲレンデ愛好家にとっては耳寄りなニュース。(ただし、この気候が温かくなってしまうと、雪崩が起きてしまうので、要注意)

 早速、群馬県北部の「水上高原スキー場」と「玉原高原スキー場」を尋ねてきました。案の定、雪だらけ。道路によっては、雪で通行止めになっている所も数箇所。道路の両脇も雪!雪!雪!って感じで、ある意味気持ちよかったです。でも、とにかく寒い。ってことで、帰りは温泉によってきました。関越沼田インターから15分どの所にある、「白沢高原温泉 望郷の湯」。施設も立派だし、温泉もいいし、立ち寄り湯としては、なかなかオススメです。

0601snow1


0601snow2


0601snow3


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2006

明石

 何度も大阪に行ってるし、明石海峡大橋も数回渡っているのに、明石市を訪れたのは、僕の記憶の限りでは初めてです。岡山から大阪に戻る帰りに、せっかくなので明石で明石焼を食べてみたいなと思い、明石に寄ってみました。早速美味しい店を探そうと思い、明石出身の我がバンドメンバーに「どこの店が美味しい?」ってメールで聞いても、「どこも美味しいよ」といういい加減な返事が返ってきたので、駅の交番で聞いてみることに。「よく分からないけど、ここの角の店によく人が並んでますわ」とおまわりさん。早速、その場に行ってみると、あったあった。「木村屋」。そういえば、兵庫出身のうちの部長が、その昔「木村屋という明石焼の店があって、美味しいんだぞぉ」って言ってたような。

 ちょっと並んだものの、30分くらいで入店。1人前、たこ焼き(ここでは「玉子焼」と呼ばれていた)が20個並んで、800円。だし汁につけて食べるもよし。塩を少しつけて食べるもよし。ふっくらしていてうまかったです。
kimuraya1

 店の外から焼いている様子が見えるのですが、ノンストップでずーっと焼き続けていました。さすが人気店。
kimuraya2

 明石と言えば、もうひとつ忘れちゃいけないのが、標準時子午線が通っている街だということ。かの有名な明石天文台にも行ってみると、ちゃーんと時計台が立っていて、時間が出ていました。明石の街は高い建物もあまりないので、どこにいてもこの時計台が見えて、これは便利だなと思いました。だって、絶対に狂わない時計なんだから(正しくは、狂ってたらまずいでしょう・・・という時計)。
akashitenmon


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2006

正月気分

 ・・・っていうか、正月そのもなので「気分」は不要か・・・。

 毎年、年末年始を親戚のいる大阪で過ごしているのですが、今年はそこから更に足を伸ばして、岡山県の奥にある湯郷温泉に行ってきました。旅館で年越しってわけです。「季譜の里」という旅館で、ちょっと贅沢に露天風呂付の大きな部屋を予約。ここは焼き物の備前焼で有名な備前市の近くということもあって、露天風呂の風呂釜が備前焼の陶器でできていました。残念ながら温泉の湯そのものは、大したことなかったような気がするのですが、外の景色を眺めながら、部屋でボーっと入れる風呂は最高です。

newyear06_1

せっかくなので、近所の観光も。湯郷温泉から更に北に足を伸ばして、鳥取県の足立美術館に行ってきました。ここは、ドジョウすくいの「安来節」で有名な安来市のすぐ近くで、横山大観の絵を数多く展示していることで有名。が、僕には大観の絵の魅力はよく分かりません。でも、絵画以外にとても立派な日本庭園を持っていて、この庭園は米国のガーデニング誌に3年連続で日本最高の庭園に選ばれたほどのところ。たしかに広大で、庭園とその向こうに見える山の風景とが絶妙にブレンドしていて、とても綺麗でした。

newyear06_2

正月っぽく、少し「和」な過ごし方をしてみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2006

明けまして、おめでとうございます。

皆様、明けまして、おめでとうございます。
また新しい1年が始まりました。
今年は冬季オリンピックイヤーにワールドカップイヤー。
個人的にも、イベントをたくさん盛り込んだ充実した1年にしたいですね。

よろしくお願いいたします。

nenga2006


| | Comments (11) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »