« 類まれなる才能 | Main | Have a Nice Day »

August 28, 2005

ライブ8

 日本では衆院選挙がかなり白熱。刺客だのなんだので、普段は政治に関心を示していない人たちも、選挙の行方を気にしたり・・・。小泉首相って人は、「改革」という言葉を掲げひたすら走ってきて、当初の人気とは変わり、色々その手法に対する風当たりも強くなってきたが、僕は本当にすごいと思う。政治のどろどろとしたしがらみに溺れることなく、自分の意志を貫いてきた、日本に最近少ないタイプの政治家だ。

 また、今回の選挙も、手法はともあれ、国民の関心が向くような形にしているというのは、これまた立派な作戦だろう。普段、政治に対する関心を持たずに、選挙のときになって、突然訳も分からず「郵政民営化」について熱く語っている人もいるが、そうやって国民に語らせるきっかけを作ったというのは、すごいことだと思う。

 去る7月2日、「ライブ8」という音楽イベント・・・いや政治イベントとも言うべきなのか・・・が世界中で行われた。U2のボノが発起人の一人となり、世界中の著名なアーティストたちが結集して、世界中の都市でライブイベントを開催した。U2、マドンナ、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、ボン・ジョヴィ、ヴァン・ヘイレン、スティービー・ワンダー・・・それはそれはすごい名前が次から次へとステージに登場する。アフリカで深刻化を増している飢餓について、世界のリーダーたちの訴えようと言う企画。その様子が現在AOLで無料公開されている(ここ)ので見てみたのだが、ステージのバックには、世界のリーダーたちが映し出されており、わが国の小泉首相もどーんと出ている。観客たちは、本当に響きが問題を心配しているわけではなく、このすごい音楽イベントを見てみたいという思いで当初は足を運んでいるのだろう。僕も、そのパフォーマンスを見てみたく、ネットのサイトにアクセスしたのだが、見ているうちに、色々と考えさせられてくる。郵政民営化で熱くなっているなんて、なんか悲しいな、と。もちろん、自分の国の問題を解決することが優先なんだろうが、本当の政治ってなんだろうな、と。選挙選挙と言うものの、真の政治家ってなんだろう、って。

 選挙では候補者たちが「選んでくれ」と運動を続ける。「お願いします」と言いながら。でも、本当の民主主義では、お願いされなくても、有権者が選びたい人を推していくのだろう。ライブ8でのパフォーマーたちは、ファンになってくれとお願いすることはなく、その生き様や、音楽性やメッセージ性に共感し、彼らを支持する。そして彼らの訴えをサポートする。これも一種の政治なんだなぁ、って。マドンナがアフリカ人女性をずっと自分の脇に抱えながら、「Like a Prayer」という名曲を熱唱する映像があるのだが、そういうのを見ていると、本当に心打たれます。また、国境を越えて、人類が取り組むべき課題って言うものがあるんだな、ってことを考えさせられます。
madonna


|

« 類まれなる才能 | Main | Have a Nice Day »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31913/5674831

Listed below are links to weblogs that reference ライブ8:

« 類まれなる才能 | Main | Have a Nice Day »