« March 2005 | Main | May 2005 »

April 27, 2005

ブライアン・アダムスだぁ!

 永遠の青春シンボル、ブライアン・アダムスの来日武道館公演に行ってきました。自分の中で、新しいアルバムを出したら、とりあえず買ってしまうアーティストって言うのは数限られているわけだが、ブライアン・アダムスはその一人。僕の住んでいたカナダ出身ということもあり、それもまた親しみを感じる理由のひとつ。カナダに住んでいる頃、映画のビデオ作品が妙に安いことに気付いた。日本で映画を買うとなれば、当時であれば1本15,000円くらいはしていたものの、カナダでは2,000円程度。高校くらいから、映画に妙にハマっていき、今では日本でも売っているような「プレミア」とかいう映画雑誌を毎月購読していた。そんな中、スーパーで購入した「ロビンフッド」のビデオ。まだ全盛期のケビン・コスナーが主演。当時、ケビン・コスナーを見て、こんなかっこいい人見たことないと思っていて、何の躊躇もなく「ロビンフッド」を購入。その映画の主題歌を歌っていたのが、我らがブライアン・アダムスで、この時に初めて彼の存在を知った。ちなみに、この曲が大ヒット曲の「(Everything I do) I do it for You」。

 この曲が収録された「Waking Up the Neighbours」を購入して以降、ブライアン・アダムスのストレートなロックを聞き続け、ついに生のステージに足を運ぶことができた。シンプルな武道館のステージに、何のかざりっけのない黒いTシャツとジーパンのブライアン登場。約2時間、20曲以上を熱唱。歌のうまさはもちろん、曲にもあるように、「死ぬまで18歳」(18 till I die)って感じだった。花束を差し出すファンお一人一人と丁寧に会話を交わし、世界中で何千万枚というセールスを記録しているとは思えないほど、奢ることのないサービスを見せた。思いつくヒット曲は全て網羅してくれて、まさに、最高のステージでした。

bryanadams


| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 20, 2005

潜酔館 福腹(ぷくぷく)

□焼酎を中心とした、うまい酒とうまい食べ物を!
□住所:港区新橋1-16-10 浅川ビルB1F
□TEL:03-5501-3088
ホームページ

 かれこれ5年越しの友人、清次くんの新装開店の居酒屋です。清次くんならではの、オリジナリティあふれる料理と、おいしいお酒が待っています。リーズナブルなお値段で、最高の料理とおもてなしが待っています。潜水艦をモチーフにした店のつくりもチェック!

pukupuku


| | Comments (6) | TrackBack (1)

April 19, 2005

福腹オープニング

 清次くんの店、「潜酔館 福腹(ぷくぷく)」がオープンするということで、オープニングレセプションに足を運んできました。新橋の裏手にあるおしゃれな造りで、清次君にとっては何年越しでの構想がやっと実現したということもあり、僕にとっても、とても嬉しいオープニング。御馴染み、たにさん夫婦とかと一緒にレセプションに招かれました。一級品のおいしい刺身やら、何やらでおもてなしを頂きました。

 18:30から始まって、お酒ががんがん出てきます。実は、お店が正式に引き渡された日曜日に、早速様子を見に行ったのですが、その時から、アルバイトの女の子も含め、がんがんの前準備。こちらで働いている、ヤコちゃんもヒロコちゃんも、とても可愛くて、よく働きます。もちろん、ドン清次くんも、相変わらず可愛くてよく働きます(笑)。

 大量のお酒に、たにさんもご機嫌。えりさんとデレデレです。
tanieri

 最後は、清次くんも「お疲れビール」で乾杯。盛大に盛り上がったオープニングでした。
seiji


| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 17, 2005

浅草!

 久しぶりに、ぷらぷらーっと浅草に足を伸ばしてみました。相変わらず観光客でごった返していて、日本人やら外国人やらおじちゃんやらおばちゃんやらが一杯。でも、さすが人を相手にした観光スポットだけあって、面白い。しょっちゅう行くところではないけど、たまに歩いて土産物屋なんかを覗いてみると、これが結構面白い。
asakusa

 雷門を抜けて浅草寺まで続く道の沿道には、色んな食べ物屋も。人形焼なんかはとても有名だが、それ以外にも・・・

これ↓は、揚げまんじゅう。色んな餡が入ったものが売られている。これは、飯島直子も食べたという抹茶味。揚げたてで熱いものの、めちゃくちゃ美味しいというほどのものではない。
agemanjyu

 こちらは、本当のモナカアイス。好きなアイスをさくさくのモナカではさんでくれる。写真は、きな粉アイスだが、モナカと合って結構おいしかった。
monakaice

 たまには下町に足を運んでみるのも、いいですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2005

再び春を探して

 職場の人たちと、玉川上水界隈で「春」を探しに行って来ました。三鷹駅に集合して、最終目的地の小金井公園まで10キロ弱。職場の上司が「森林インストラクター」なる資格を持っているおかげで、ただの野花としか見なかったであろう植物についても色々と教えてもらえた。磨くと10円玉が綺麗になる花。毒のある花。食べられる花。水分を補給したい時に、探すべき花。桜の種類の見分け方。タンポポには関東タンポポと西洋タンポポの2種類が有り、その見分け方。山ごぼうっていうのは、アザミの根・・・なんてことを色々と教えてくれる。すごく勉強になって面白かった。また、小金井界隈は史跡等もたくさんあり、多くは無料では入れる。太宰治が入水したポイントや、作家山本有三の記念館。 そして忘れちゃならないのが、宮崎駿のスタジオジブリ。「ジブリの森美術館」も三鷹にあり、ご覧のように、バス停もジブリ色。
0504jyousui1

 最終目的地は、その宮崎駿の代表作である「千と千尋の神隠し」のモデルになったという「江戸東京たてもの園」がある小金井公園。江戸東京たてもの園を外から見てみると、確かに、町並みが「千と千尋の神隠し」そっくり。千の両親が豚になってしまった食堂、薬がたくさん入った木箱の棚、正面にありお風呂屋。町の前に停めてある路面電車はとその周りの池は・・・、ってな具合で。この日は入園はしなかったものの、ちょっと行ってみたいところのひとつですね。小金井公園も、咲き終わった桜、まだまだ咲いている桜が入り混じって、一面ピンク色。散った桜の花びらがピンク色の絨毯を作っていて、僕らもその真ん中で、ミニ宴会。写真を撮ると、本当に幻想的な絵になってました。そこら中が、もう春でした。
0504jyousui2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2005

砧公園で花見

 この日は、花見3連荘の最終日。2連続の四ツ谷での花見の後の、世田谷砧公園での花見。一品持ち寄り形式で開催。天気は良かったものの、風が結構強くて、砂埃が舞っていたので、食べ物のふたがなかなか開けられず一苦労。でも、桜は満開で、公園の周囲を囲う壁のように咲いていた桜の姿は圧巻。久しぶりにフリズビーなんかも取り出しちゃって、いい汗もかきました。ただ、花粉が舞ってたのが、砂埃にやられたのか、鼻のムズムズがひどく、酒はあまり進まず。それでも、やっぱり日曜の昼間にお日様の下で飲む酒は格別。休日の醍醐味って感じです。

0503hanami1

0503hanami2

0503hanami3

0503hanami4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2005

春を探して・・・のはずが。

 軽〜く花見でもして、久しぶりに皆で飲みましょうか、なんて企画があったので、行ってみた。場所が吉祥寺だったので、井の頭公園で桜でも見るのかなと思ったら、なんてことない。店、直行でした。「けむり屋」で魚中心のメニューと焼酎。ただ、新鮮な魚が少なかったのはちょっと残念かな。吉祥寺で飲むことはあまりなく、ちょっと歩いてみたら、色々と面白そうな小さい店があったので、今度探検しに行かねば、と思った次第でございます。
kemuriya2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2005

けむり屋

□各種干物を乗せたザルから、好きなものを選んで焼いてもらおう!
□住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2−8−1 サンパレス南町ビル1F
□TEL:0422-72-2488
ホームページ

 吉祥寺在住の友達の紹介で訪れた店。大きなザルにその日入っている色んな魚の干物が並べられていて、選んだものを焼いてくれる。焼酎をメインに、お酒も割りと種類豊富。お値段もお得な感じ。色々食べた中では、牛スジと大根のピリ辛煮がおいしかった。仕上げは、高尾そば。普通のそばとの違いはよくわからなかったが、コシの強い美味しいそばでした。一人4,000円くらいの予算で満足できちゃう、お得感がいいですね。
kemuriya

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2005

茶茶 花

□隠れ家風の酒処は、超おしゃれ
□住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-1
□電話番号:03-5292-2933
ホームページ

 友人に連れられて入った、とーっても素敵な店。料理はそれほど食べていないのだが、店の造りというか、内装というか、すべてがとってもおしゃれにできていて、悪く言えば「合コン向き」なのかもしれないが、本当にそういう表現を超越した素敵な造りでした。散々飲み食いした後に行ったので、ほとんどここでは食べていないが、多分、料理の味は関係ないです。いや、ちょこっと食べた限りでは、食べ物もおいしいです。値段も普通だし。新宿の歌舞伎町にあるのだが、普段皆が足を運ばないようなエリアにあるこの店は、本当に不思議。素敵な女性を連れて、遊びに行ってみることをオススメします。

hana

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »