« 太極拳 | Main | ミスチルの「シフクノオト」 »

September 10, 2004

暗いニュースの裏で・・・

 最近テレビでニュースを見ると、話題は専ら「台風」「テロ」「地震」「プロ野球の合併・スト」。はっきり言って、明るい話題がなく、毎日、同じようなニュースが続く。でも、プロ野球の話は長期に渡る問題ということで長引いているものの、台風・地震の話が繰り返し流れているのは、台風が次から次へとやってきて、地震も浅間山の噴火以降続いているというため。自然災害のレベルは世界的に見ても異常なレベルに達している。洪水、ハリケーン、猛暑・・・どれも、過去最大級。日本でも、台風の上陸回数が過去最高、浅間山は○年ぶりの噴火、台風による瞬間最高風速も過去最高を記録、猛暑による最高気温の記録更新も目立った。こういう話を見てると、映画「デイ・アフタートゥモロー」の世界を思い出す。一気にハリケーンが複数襲い掛かってきて、ロス市外が崩壊したり、異常気象の連続で、やがて地球がなすすべもなく人間の住めない世界へと代わっていくという話。この映画のホームページでも紹介されているが、これら異常気象は、決して映画の中だけの世界ではなく、実際に起きているようなものばかり。侮れない。

 テロ事件の悲痛なニュースも日々飛び込んでくる。ロシアでの航空機落下、小学校襲撃、フィリピンでの大使館爆破事件。全て、イスラム勢力が裏で絡んでおり、反米感情の高まりから来ているものだという。僕が思うに、米大統領選挙を控えている今、ブッシュ政権を完璧に終わらせるために、今のこのタイミングでテロが繰り返されているのだと思う。それでも、各国のリーダーたちは、「テロには屈しない」と果敢に戦っている。でも、日本でテロが起きたらどうだろう?日本人は、一時の流行や感情に流されやすい傾向が強く、きっと、継続してテロと戦う姿勢を見せるよりは、短期的に小泉政権をこき下ろす方向に向かうだろう。何かと政権のせいにしたがる日本人。テロと戦う姿勢を強めた首相に矛先を向けるだろうと思うと、何とも・・・。

 こうした暗いニュースが続く裏で、不思議とその恩恵を預かってしまうような人もいる。まずお馴染みなのが評論家。航空機が落ちると、必ず航空評論家がそこら中に登場するし、テロが起きれば軍事評論家が登場する。自然災害が起きれば、その分野での研究者が引っ張りだこ。その他にも面白い話が出ている。台風の被害が続出している今年、大工は大儲けだとか。特に屋根の修理工は手一杯の状態で日夜作業に追われているらしい。今日は、枯れ気味だった温泉が、地震の影響で復活した、なんて話も出ていた。当該温泉旅館は、温泉成分が濃厚になり、効能もアップしているなんて宣伝したりして。

 今回の台風で、残念ながら宮島の厳島神社の一部が被害を受けてしまった。国の文化財も復旧できるのだろうか?残念な話だが、是非、元通りに修復してほしいものだ。

itsukushima.jpg

|

« 太極拳 | Main | ミスチルの「シフクノオト」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31913/1402214

Listed below are links to weblogs that reference 暗いニュースの裏で・・・:

« 太極拳 | Main | ミスチルの「シフクノオト」 »