« サイパンでカメ! | Main | そば処 やしお »

July 14, 2004

サイパン day2

 7月14日。この日は、ボートダイビングに決定。運のいいことに、キャンセル待ちで、隣のテニアン島までの船に空きが出たので、その船に乗ることに。今回お世話になったのは、今年10周年!というPastime。今日のガイドは、リエさん。テニアン島は、サイパン島とロタ島の間くらいに位置する島。午後からの出発で、2本のボートダイブ。最初のポイントまで船で40分くらい行くのだが、とにかく海が青くてきれいで、写真を撮らずにいられなくなる。

tinian.jpg

 一本目のポイントは、亀が住み着いている、「フレミング」というポイント。白い砂地のせいで、海はアクアブルー。というか、白い砂地がなくても、紺碧の海。潜ると海底が白い砂原になっていて、聞いていたとおり、亀も発見!しかも、ペア。見通しのいいポイントだったので、亀が浮上して泳ぎ回る様子などもはっきりと見えた。写真は既に公開しているとおり。初めての亀だったので、かなり感動は大きかった。また、フレミングは、ドロップオフが有名なポイントでもあり、底の見えない、深い大陸棚があり、その底の方は、やはり深い青だった。
flemming.jpg

kaeruuo.jpg
カエルウオ

orangefin_anemone_fish.jpg
ミクロネシアにしかいないと言われている、
オレンジ・フィン・アネモネフィッシュ(クマノミの一種)

 1本目のダイブの後に、体内の窒素を抜くために停泊したテニアン島沖の海も、しつこいようですが、「青くて綺麗」。なんで、日本にもこういうところないのかなぁ。あ、沖縄に行けばあるか。
tinian_seaside.jpg


 2本目のポイントは、「テニアン・グロット」。「グロット」というのは、現地チャモロ語で「穴」という意味で、ダイビングのポイントとしては、サイパン島の「グロット」も有名だが、テニアンのグロットも神秘的でとてもきれいだった。要するに、海底の洞窟。でも、その暗い洞窟に外からの明かりが差し込むから、ものすごく神秘的になるのです。グロットの中にも生き物はたくさんいるんだけど、魚は、地面は常に自分たちより下にくるものと思っているらしく、洞窟の中の天井近辺では逆さになって泳いでいたのが印象的。おバカさんですねぇ。
grott1.jpg

grott2.jpg

 この日の夜は、ショップのリエさんのお勧めを聞いて、中華料理に決定。「Hong Wan Chinese Restraunt」。安くておいしい中華料理屋でした。そこでやってたNHKのニュースを見たら、新潟で大洪水が起きてるわ、東京三菱とUFJが合併するわとかで、ちょっと日本を出た間にいろいろ起きていてびっくり。この日も翌日のダイビングに備えて、早めに就寝。

|

« サイパンでカメ! | Main | そば処 やしお »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31913/985074

Listed below are links to weblogs that reference サイパン day2:

« サイパンでカメ! | Main | そば処 やしお »