« 伊豆大島 | Main | kurokichi »

May 06, 2004

NHL Playoffs

 今、NHL(北米アイスホッケーリーグ)では、昨年10月からの約5ヶ月に及ぶレギュラーシーズンが終わり、スタンレーカップをかけた、最後のPlayoffが行われている。日本のプロ野球とかだと、セ・パ両リーグでレギュラーシーズンを終えて、両リーグの首位のチームのみがPlayoffに進出するが、NHLの場合、東西16チームがトーナメント形式のPlayoffに進出する。各対戦カードにおいて、先に4勝したチームが次に勝ち進むことができる。
 僕が住んでいたカナダのカルガリーにも、Calgary Flamesというチームがあり、かつては常勝チームであり、1989年にはチーム創設約10年目にして、初優勝を飾った。しかし、Flamesは、ここ8年間Playoff進出を果たせていないどころか、過去15年間、Playoff進出をしても第2roundへ勝ち進んだことが一度もない。つまり優勝した年以来、勝ち進んでいないことになる。カルガリーでは、ホッケーは最も人気のあるスポーツであり、Flamesは街中の人々に愛されているチームである。なのに、チームは街中のファンの思いもむなしく、なかなか勝ち進めずにいた。
 そんな中、今年、8年ぶりにPlayoff進出を決めた。東西8チームずつ進出する中、Flamesは西側の6位。ギリギリの進出。それが、第1Round、西3位のVancouver Canucksに勝った。これだけで、街中、大フィーバーだったらしい。ワールドカップの時の韓国のようだったと在カルガリーの友達は話していた。そして、第2Round。相手は、東西通じて1位だったDetroit Red Wings。日本のプロ野球でいうジャイアンツのようなスター集団だ。これが、5月3日に、4勝2敗でFlamesがRed Wingsを下し、第3Roundへと駒を進めた。休みだったこともあり、僕もインターネットでラジオ放送を聞いていたが、もう興奮、興奮。気づけば、ベスト4進出だ。プロスポーツって言うのは不思議なもので、試合の勝敗はファンの「ご機嫌」に大いなる影響を及ぼす。当然、僕はゴキゲン。
 次の相手は、San Jose Sharks。このまま勝ち進んで、Underdogながらも優勝を狙って欲しいものだ。
(第2Round、勝利の瞬間)↓
040506_flames.jpg

|

« 伊豆大島 | Main | kurokichi »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31913/546701

Listed below are links to weblogs that reference NHL Playoffs:

« 伊豆大島 | Main | kurokichi »